アフィリエイト

副業は沢山ありますが、ネットでできる副業の中でも高い人気を誇っているのが「アフィリエイト」です。
アフィリエイトとは、成功報酬方広告のことで広告主の広告を自分のサイトに掲げ、その広告から成果が上がれば成果に対する報酬が支払われる仕組みです。
現在では、掲示板のまとめサイトなどがこうしたアフィリエイトサイトとして高い人気を誇っています。

今も高い人気を誇る副業の1つアフィリエイト

アフィリエイトは

1.ASPと呼ばれるサービスに登録
2.そこに企業が登録している広告の中から自由に選択し
3.自社サイトに広告を掲示
4.サイトを見た人が広告から広告主である企業の商品を購入したりサービスを利用
5.購入やサービスの利用で広告を掲示したサイト運営者へ報酬を支払う

という仕組みになります。

運営するサイトに適した広告を選択しよう

登録するASPによって広告の数も違い、ジャンルも違います。また、広告ごとに成果となる基準も違います。

当然、成果が出た場合の報酬も広告によって変わります。

そうした数ある要素の中から、自分が運営するサイトに適した広告を選択することがアフィリエイトで効率的に収入を得るために必要です。

どうしても、報酬の単価が高いものを選びそうになりますがアフィリエイトの場合は、報酬の単価よりも運営するサイトのジャンルが非常に重要になります。

メディアと広告のジャンルを一致させよう

例えば、ゲームを実際にプレイし、そのプレイ内容を書き綴ったブログや攻略情報を掲載するブログを運営している場合。

単価の高い全くゲームとは関係のないお鍋のアフィリエイト広告を掲載したとしましょう。
ブログの読者からすると、お鍋に興味を持つ人は基本的にはいないでしょう。書き綴られている内容を見て楽しんだり、攻略情報をもとに自分でも攻略してみるために読むわけですから、お鍋を探している人というのはブログを読む人の中でもごくわずか。もしかすると全くいないかもしれません。

ですが、ゲームを紹介しているサイトで同じゲームの広告があればどうでしょう?

今しがたブログを読んでみて、自分もやってみたいなと思っている時に広告があれば、実際に購入にまでつながる可能性は比較的高まるでしょう。

購入までしてもらわないと成立しない

ここで注目すべきポイントは、アフィリエイトの仕組みにある「4」の項目です。

実際に広告をクリックするだけでなく、そこから購入やサービスの利用といった実際のアクションがあってはじめて報酬を手にすることができるタイプの副業となるため、単価がどれだけ高くてもアクションを起こしてもらいづらいものはなかなかに副業として成立させていくことが大変なのです。

現在、ASPの数も非常に多いですし、ジャンルも豊富なことからサイトを既に運営している方は比較的容易にスタートしやすい副業となっています。

逆に、サイトも何もない状態からこの副業をスタートするためには、ある程度の時間や資金といった部分が必要にもなりますし、サイト自体の人気も必要となってきます。

ですが、サイトがあり続け広告があり続ける限り収入を得るチャンスがあり続けるわけですから、コツコツとサイトを作って更新をしたりするのが苦にならないというような場合には、オススメです。

アフィリエイトのメリット

・サイトを持っている場合、簡単に始められる
・人気があればあるほどもうかりやすい
・広告の種類が豊富

アフィリエイトのデメリット

・サイトを持っていない場合、スタートが大変
・報酬優先では安定しない
・一定のサイト知名度が必要になる