FX

元手があまりなくても安心のFX!

副業の中でも、特に大きな収入を手にできるのが「FX」です。
FXという名前は聞いたことがあるという方も多いでしょう。
ですが、実際にどのようなことをしているのかわからないという方は少なくありません。

このFXは「外国為替証拠金取引」であり、「Foreign eXchange」からFとXを取ってFXと呼ばれています。
日本語からもわかるよう、外国為替を取引することで収入を得る副業になります。

なぜそこで収入が生まれるのか?

外国為替、すなわち海外の通貨を売買して利益を生み出す副業ですがなぜそこで収入が生まれるのでしょうか?

テレビのニュースや新聞などを見てみると、円安や円高なんて言葉が使われることがあるでしょう。
この言葉は、通貨としての円が安いか高いかということで使われています。
例えば、アメリカドルで考えてみましょう。

2017年1月25日では
1ドルは、113.50円
2016年10月28日では
1ドルは、103.53円

でした。113円と103円と10円もの差があります。
同じ1ドルでも円の価値が低いから113円購入できるから円が安いので円安。円の価値が高いから103円しか購入できないので円が高く円高。となるのです。

現在では1ドル100円以上の価値は当たり前のようになっていますが、リーマンショックなどの影響で円高になったときは、1ドルが100円を切っていたりしました。

レバレッジとは?

FXはこうした通貨を商品として安いときに仕入れて高いときに売る。商売のようなものだとイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

上記の例でいえば、103円の時に1万ドル購入したとしましょう。103万円の出費になりますが、今売るだけで113万円となるので差額10万円が丸々利益になります。

とはいっても、そもそもの元手が少なければその分利益も少ないから始められないと考える人もいるでしょう。

このFXが多くの人から人気を集め、多くの人が大金を手にすることができた最大の理由が「レバレッジ」です。元手となる自己資産にレバレッジをかけることによって、レバレッジをかけた分の資産で取引が可能となります。

例えば、1万円でFXを始める場合。レバレッジ10をかけることによって、10万円分の取引が可能となります。当然、10万円分の取引で利益を得れば、利益は10倍となるので少ない資産でも始めやすいという魅力があります。

損失も10倍となってしまう

しかし、このレバレッジを利用する場合には注意すべきこともあります。1万円元手で10万円分の取引をするわけですから、利益が出れば10倍。

当然、損失が出た場合であっても、損失も10倍となってしまうわけです。そのため、損失が出てしまうと致命的な打撃になってしまうことも珍しくありません。

利益も大きくなるが、損失も大きくなる。ハイリスクハイリターンの取引となりますが、上手に活用できれば短期間で一気に大きな収益を上げることができるため、上手に活用することが大切です。

また、レバレッジの倍率に関しても幅広くあるため最初から数十倍といったようなことをせずに、2倍など比較的低めの所からスタートしてみるのもポイントです。

模擬取引などもできるように

FXは景気の波や、世界情勢の波によって大きく変動することも珍しくありません。前述の、リーマンショックによる1ドル100円以下というのがその最たるものだといえます。

そうした、世間の波に敏感にアンテナを張っておくことが大切になります。最初は難しく感じるFXですが、慣れてしまえば効率よく本業よりも多くの額を稼ぐことも難しくありません。

今では模擬取引などもできるようになっているので、そうしたものを上手に活用して、恥じえてみてはいかがでしょうか?

FXのメリット

・少ない予算で始められる
・自宅だけで完結する
・大きな利益を得られる

FXのデメリット

・世間の動きに敏感でなければならない
・損失が出るケースもある
・徐々に慣れていく必要がある