カシャカシャビジネス

自分で撮影した写真、今までに撮影した写真がそのまま収入源となる魔法のビジネス

写真家と書くと非常になるのが難しそうなイメージを持たれる方もいるでしょう。
また、写真家になったとしても一握りの人たちが多くの収入を得て、それ以外の方はそこまで……なんてことも。
そのような写真家に対する常識を打ち破ったのが「カシャカシャビジネス」です。
このカシャカシャビジネスでは、誰もが写真家になるチャンスを得ることができます。

携帯電話のカメラ機能で身近なものに

写真を撮るカップル携帯電話が普及する以前。
写真を撮影しようと思った場合、まずカメラが必要になりました。
その必要になるカメラも、安いものではなくある程度の価格だったのです。
そこに打撃を与えたのが、インスタントカメラです。
インスタントカメラは多くの方に利用され、写真はごくごく一般的なものになりました。
そこから、携帯電話が誕生しカメラ機能が備わったことで、より写真は身近なものになったのです。
今では、携帯電話に代わってカメラ機能を備えたスマートフォンを利用するのが当然のようになっています。
それに加え、各種SNSで写真を投稿したり、旅行先で写真を撮影したり写真撮影もさらに身近なものになっていて、
多くの方が様々な場所で様々なものを写真におさめています。

スマホで撮影した画像を収入にできるカシャカシャビジネス

一般人の撮った写真このカシャカシャビジネスでは、そうしてスマートフォンで撮影した写真を収入にできるビジネスなのです。

現在、写真の素材というのは非常に需要の高いものになっています。今でも写真素材を提供するようなウェブサイトや企業はたくさんあります。

また、そうした写真素材を撮影するカメラマンも多くなっていますが、素材を取り扱っているサイトの場合は多くの需要がある写真がメインになってしまっています。
例えば、料理の写真であれば様々な写真素材があったりしますが
「左利きの女性がパスタを箸で食べている」
といったように、同じ料理の写真であっても細かな部分での要求が増えれば増えるほど取り扱っていないケースが多くなります。

写真を求める企業が多くなっている

PCで作業するサラリーマンそうした時に、写真家にギャラを支払い写真撮影をしてもらうというようなことが選択肢として上がります。

その場合、写真家のギャラだけではなく料理の費用や写真に写る女性モデルを用意したりと、出費がどんどんと大きくなってしまうのです。

写真を求める企業が多くなっているため、素人の方がスマートフォンで撮影した写真でも十分に需要が高まってきているのです。
自分がスマートフォンで撮影した写真に買い手がつけば、そのまま収入になるため非常に単純明快で効率的なビジネスとなっています。

準備の必要がない

スマートフォンさらに、このカシャカシャビジネスのメリットはビジネスを始めるにあたっての準備があまり必要ない場合も多いのが魅力です。

スマートフォンで撮影した写真が何十枚、何百枚とすでにスマートフォンのメモリに入っているのであれば、まずそれに買い手がつく可能性があるためビジネスを始めただけで、ある程度の収入を手にすることができる場合もあります。

老若男女問わず、誰でも気軽に始めることができるので、今では非常に高い人気を誇っています。

カシャカシャビジネスのメリット

・スマホがあればだれでもできる
・写真の撮影なので、仕事感が小さい
・何気なく撮影しているだけでも一定の収入を得られる場合がある

カシャカシャビジネスのデメリット

・スマホがないと始められない
・買い手がつかなければ、収入がない
・人気になるのは簡単ではない